スリムクラブの言葉を借りるなら

軽い打ち上げがしたい。

 

 

 

先日、免許更新というものに初めて行ってきた。

 

 

 

二時間ぐらい拘束されていたのだが、私は寝ずにちゃんと話を聞くふりをして1時間50分ぐらいは新作スマブラにおけるベヨネッタの弱体化について思いを馳せていた。横Bがガードされたらその後の派生技が出せなくなるのホントに良調整だと思う。ノーリスクハイリターンだったもんあの技。

 

 

残りの10分ではこんなことを考えていた。

 

 

免許更新は、誕生日の前後一か月以内に行うことができるので、今日来ている人は今日から前後一か月以内が誕生日である。つまり全員が夏生まれだ。

 

 

確かTwitterだったと思うが、「夏生まれの人は夏生まれであることに誇りを持っている」みたいな偏見にまみれた投稿を少し前に見かけた。

 

 

私にとってはあまりに図星で衝撃的だった。散々寒いのが嫌いだと言っている通り冬は苦手だが、夏のわけわからん暑さはそこまで嫌いではない。むしろ好きかもしれない。Mではない。暑さそのものが好きなのか、暑いなか冷房の効いた部屋で涼むのが好きかはわからないが、いずれにせよ夏は好きだ。熱中症だけはクソだけど。夏生まれでよかったと思っている。

 

 

私は前述の偏見にまみれた投稿の内容を盲信している。夏生まれはみんな夏が好きで夏に生まれたことを誇りに思っているのだと。

 

 

だから今日、免許更新に来ている人たちと、夏生まれであることを誇りに思っている気持ちを共有したい。私は心のなかで、同じ教室で講習を受ける20名前後の人達にこう問い掛けた。

 

 

―皆さん、このあとお時間はありますか?この地獄みたいな講習が終わったら、夏が大好きな皆さんで是非とも軽い打ち上げをしようではありませんか―

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









 

 

 

講習が終わり、解放された反動で一瞬で外に出た私は、40℃を越える駐車場の暑さに怒り狂い、夏生まれであることに憎悪の念を抱き、この事実を抹殺するかの如くガンガンにエアコンを効かせた車でブブイと帰ったのだった。

パッパラパッ↑パッパッパラパッ↓パッパッパラパッパッ↑↑パーーーーパ

タイトルはundertaleの「Hopes and Dreams」のアレです。このゲーム最近やっと興味が沸いてきました、そのうちやってみたいですね。何よりBGMがホントにかっこいい。スマブラに収録してくんねえかなあ桜井さんよお。



最近もまだ自由にはなれずにいる。とりあえず生きてるけど死んでないみたいな。



サカナクションのMUSICみたいに言えば「シーンデハナイwwwwwwwwwwwwwwシーンデハナイwwwwwwwwwwwwww」と言ったところだろうか。歌詞ツイートがしたい。

桜井政博さんに言わなければいけないこととか①



























ナックルズ出せよ!!!!!!!!!!!!!









いや、嘘です。桜井政博さん本当にすみませんでしたそして本当にありがとうございます。

































E3でスマブラ新作の情報が解禁されてからしばらく経った。























前作、スマブラforのモデルを流用して追加キャラ、追加ステージを入れた移植版が発売されるかと思いきや、まさかの完全新作。























キャラクターは歴代登場したファイターが全員揃うと。























版権の問題とかよく知らないけど桜井さんよく頑張りましたね。E3見ましたけど痩せすぎじゃないですか?過労死だけはしないでください。




















思えば前作のスマブラforの時が、桜井アンチが最も元気だったと言えるのではないか。





















確かに、参戦・非参戦キャラ等の非常に繊細な問題や、キャラの設定に関して、主に天界漫才を筆頭に公式がネタにする姿勢というのは、あまり気持ちよくは映らなかったものである。そこに関しては異議を唱える声が大きいのも納得できる。
















ただ、スマブラforを必要以上に叩き、歴代最低の評価を付けようとする層がいるのも事実だと思う。




















ゲームカタログで黒歴史判定喰らってたけどさすがにそこまではいかなくていいんじゃないか。















戦闘システムに関しては、まず不評だった転倒や投げ連の廃止、復帰力の格差を減らすための滑空の廃止、崖回りのシステム一新など、少しでも改善しようという動きは見られた。いやそもそも転倒や投げ連を産み出すんじゃねえよという気はしなくもないけど。





Xで無法地帯と化していたネット対戦は、エンジョイ部屋とガチ部屋を設け、棲み分けを図るなどの措置がとられた。指をくわえて眺めているしかなかった迷惑プレーヤーへ対する手段として、通報とブロックという機能もつけられた。(ただし、名前欄煽り等含めたオンライン関係の仕様はあまりにもガバが過ぎる。forでも結局馴れ合いやリンチなどは無くならなかった。新作ではこの辺徹底して改善してほしい。一番改善されるべきなのはユーザーの民度なのだが。)







キャラの強さのバランスに関しても、約60キャラもいる中では、相当頑張って調整している方ではないか。発売から現在まで度重なるアプデによって、それなりに全キャラが同じ土俵で戦えるレベルにはなっただろう。世界大会でデデデがクラウドに勝てるレベルなんだから。














要するに桜井氏は頑張った。このゲームに改善要素はいっぱいある。純粋に不満もある。でも頑張ったって!そんなに酷い評価しなくたっていいじゃん!というのが私の思い。

















本来、このゲームのジャンルはアクションであって、格ゲーではない。ただ、皮肉なことに対戦が非常にわかりやすくも奥が深いものであったため、クリエイターの思惑とは裏腹に、格ゲーとしての要素を見出だされ、そちらの部分も強くフィーチャーされてしまった。







事実、2001年の発売から、未だに格ゲー層、スマブラガチ勢から熱い支持を得ているスマブラDXは、桜井氏が本来作りたかったものではないとして、本人のなかでは「反省」として挙げられている。













格ゲーへのアンチテーゼとして作られたスマブラが、クリエイターの手に負いきれないほどに大きくなってしまった結果、スマブラforでは「アイテム無し・終点固定の1on1の場(ガチ部屋)」を「公式が」提供したことは前述の通りである。これ、結構大きな出来事だと思う。











そんなわけで、桜井氏もそれなりにユーザーの声には耳を傾け、喜んでもらえるものを作ろうと頑張っていたはずである。どうか新作も身体を壊さないように頑張って。てか新作の開発マジでありがとう!言いたいのはそれだけだ。なんだこれいつにも増して滅茶苦茶なまとめ方だな。














最後に、なんかやたら桜井氏を持ち上げるような記事を書いてしまった気がする。私だって不満はめちゃくちゃあるぞ。信者なんかではない。



でも粗捜しばっかしてもなんかね。せっかくスマブラという偉大なコンテンツを作り上げた人であって、このゲーム、この人のおかげで幼少期から楽しい思い出をいっぱい作ることができたんだから、そこは「頑張れ~!!」って応援したいよね。

あっけらかん

これ最初に考えたやつヤバイ。そんな響きの言葉どうやって創造されたの。

 

 

 

あまりにも書くことが無いので、今回は「あっけらかん」という言葉に関して調べていきたいと思う。末期だな。

 

 

 

 

 

世界で一番「あっけらかん」について詳しくなれるブログを目指すのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし問題がある。最早この話題は誰が興味あるのだろうか。最後まで読んでくれる人などいるのだろうか。私も既に現時点であっけらかんに対する熱を失っている。最初から持ち合わせていないと言った方が近い。スマブラがやりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは意味である。いやそのまえにあっけらかんを正しく認識するところから始めなければならない。

 

 

 

 

そもそも私はわりと最近まで「あっけらかん」なのか「あっけからん」なのかよくわかっていなかった。「あっけからん!けしからん!」みたいな韻を踏みたくなるノリによるミスリードだろうか。

 

 

 

 

あっけ「ら」かんだからね。ここで躓かないようにね。じゃあ続きね。

 

 

 

 

 

 

 

意味:

1.意外な事、意外な成り行きにあきれてしまって、(ぽかんと口をあけたまま)何の動作もせずにいるさま。 「―と見とれる」

 

2.少しも気にせず、けろりとしているさま。 「𠮟(しか)られても―としている」

 

 

 

まーた日本語の乱れだよ。呆れてんのか呆れさせてんのかどっちだ。何で逆の方に意味が移り変わるんだ日本語は。

 

 

 

ただ何となくどっちのニュアンスでもわかる。日常的にそれほど使う言葉でもないのに、意味だけはしっかりと伝わってくるの、この言葉の語感から滲み出るアホっぽさのおかげだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

続いては語源である。昔の人は、何をどうしたら呆気に「らかん」とかいう言葉をつけようと思ったのだろうか。

 

 

 

ちなみにらかんって打つと羅漢てのが出てくる。阿羅漢の略らしい。アラカンて何だっけ。アラウンド還暦しか出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっけらかんの語源、語源由来辞典というサイト(http://gogen-allguide.com/a/akkerakan.html)からの引用↓

[あっけらかんの「あけ」は、口をぽかんと開けた状態のことで、中世には「開く」の連用形を撥音化した「あんけ」という副詞があった。
「あんけ」に状態を表す接尾語「ら」が付いた「あんけら」が生まれ、更に接尾語「かん」が付いて「あんけらかん」となり、「人の女房と枯れ木の枝は、あんけらこんけら、登りゃ登るほどあんけらこんけら」と歌って飴を売る『あんけらこんけら糖売り』も出てきた。
近世頃より、撥音化されない「あけらかん」が見えはじめ、促音化されて「あっけらかん」となった。
あっけらかんのほか、「あけらこん」や「あっけらこん」など、「こん」が使われていた例も見られる。
本来、あっけらかんは口を開けてぼんやりしていたり、意外なことに開いた口が塞がらないさまを意味する言葉であったが、いつしか意外なことをして呆れさせる側にも使われるようになった。
また、「呆気に取られる(あっけにとられる)」の「あっけ」も、あっけらかんの「あっけ」と同じで、「取られる」は悪霊に精神を奪われたような意味からと考えられる。]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「撥音化」まで読んだ。このサイトすごいな。これどうやって要約しようか。

 

 

 

 

 

 

わりと衝撃なのが「呆気」より「あっけらかん」の方が先ってこと。口を開けている状態から来てたのかあっけらかんって。

 

 

 

 

 

 

 

要はあっけって言葉に然るべき接尾語を盛り合わせたらあっけらかんになったそうです。らかんの部分は別に言葉の響きでアホらしさを表現したわけではなかったっぽい。可愛い接尾語ですね(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっけらかんに英語はあるんだろうか。調べてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:discographyer:20180525123651j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語、無し!w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみたら[nonchalant]ってのが近い意味らしい。ノンチャラント?

 

 

 

 

 

 

響きのアホっぽさにはあっけらかんと通じるものがあるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう限界だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっけらかんについて世界一詳しいブログを書くことはできただろうか。恐らくできたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに面接やらESで訊かれる「あなたは何かで一番になった経験はありますか?」ってやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっけらかんについて世界一詳しいブログを書きました」と答えよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして面接官をあっけからんとさせるのだ。

一人カラオケ大会

皆さん歌うのは好きですか?私はめちゃくちゃ好きです。

 

 

 

 

 

 

家にいるときは9割方歌って過ごしています。それも結構な音量で。

 

 

 

 

もはや歌うことが生活の一部。

 

 

 

 

 

隣人から苦情が来そうなものだけど幸いこの3年間で一度も来たことはない。本当に聞こえないのか、聞こえまくってるけど我慢してくれてるのか、私の歌声に魅了されて聞き入っているのか。三つ目だと信じている。

 

 

 

 

人々って妄想が大好きだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

満員電車に乗ってるとき、ここで私がマジキチゲージMAXで暴れ始めたらどうなるんだろうみたいな。

 

 

 

そういう妄想って一度はしたことありますよね?ない?ありますね。

 

 

 

 

キチゲMAXで暴れることは無いにしろそこで思いっきり歌ってみたくなることはある。ここで歌ったら俺はどうなるだろうか。近くにいる可愛いJKはどうする?

 

 

 

 

 

流石にそれだけはしない。

 

 

 

 

人間ってキチゲMAXで暴れようと思えばいくらでもそれができるんですよね。みんな暴れたい欲望を抑えて日常生活を送っているだなんてストイックですね。

 

 

 

 

 

なんだっけ。そんな感じであまりにも歌ってる時間が多いから外にでたときもふとした拍子に歌っちゃいそうになるんですね。

 

 

 

 

特にチャリに乗ってるとき。チャリって自分が乗ってるときは凄く速く感じるんですけども、よっぽど爆速でもない限り客観的に見たら別にそんなことはなくて。

 

 

 

 

 

てか一回歌ったわ。いま高速で走ってるし周りにも人いないから少しぐらい歌えるっしょぐらいのノリだった気がする。

 

 

 

 

 

気付くとノリノリで嵐のTruthを歌っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タトエド↑ンナオワwwwwwwwwwwwwww」のところで後ろからさらに高速のチャリに抜かされた。確実に聞かれた。ド↑が高すぎて音を外したのも絶対聞かれた。

 

 

 

 

もしそのあとの信号待ちで再び会ってしまったら気まずすぎるので、私はアホみたいにチャリのペースを落とし、彼と距離を取ることだけを考えていたのである。