脳内エンドレス再生

タラッタラ↑wwwwwwwwwwwwwwタラッタラ↓wwwwwwwwwwwwwwナッカオシッノッイーーーチwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

↑これね

 

 

 

 

 

 

 

新潟にヤオコーが無いと知ったときの衝撃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルにある、脳内でずっと同じ曲が流れ続ける現象、イヤーワームというらしいです。無知な自分は知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きの帝のクロノスタシスっぽく解説すれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤーワームって知ってる?」

 

 

 

「知らない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中押しの市のことだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも中押しの市って何

 

桜井政博さんに言わなければいけないこととか②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく生きてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/8にスマブラダイレクトがありましたね。ダッシュ含めて新しいキャラクターの参戦が発表されたのが一番の目玉だったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直それぞれのキャラの原作をプレイしたことがなく、特に深い思い入れがないのでそれは割愛。でも長らく参戦希望が多かったキャラだからね、ファンの人は良かったですね。

 

 

 

 

 

悪魔城ドラキュラってコナミ発売にも関わらずダッシュ含めて平気で二体出せたのはすごいね。「新キャラはあまり期待しないでください。ま、嘘なんですけどね」と言わんばかりの桜井さんのサービス精神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜井さんは「あと少しだけ新ファイターいるよ」みたいなこと言ってた。私はやはりソニックシリーズに期待してしまうのだ。セガから出てるキャラって今ソニックだけじゃん、現実的にはあと一人出せそうですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が世界で一番参戦を望んでいたニラ饅頭もといナッコことナックルズは早々にアシストとしての参戦が発表されたので、残念ながらプレイアブルキャラにはならない。

 

 

 

 

 

ソニックシリーズから、今一番参戦を熱く望まれているのが、シャドウ・ザ・ヘッジホッグである。

 

 

 

 

 

 

なんか形もソニックっぽいし、ソニックヒーローズではほぼ同じような技使ってたしなんかコンパチとしての素質がすごい。つまりダッシュファイターになる可能性が高い。

 

 

 

 

そもそもシャドウの人気がすごい。ソニックアドベンチャー2が最初で最後の出演の予定だったはずが、あまりにシャドウの人気がありすぎたために、次のソニックヒーローズにも出演。というか今はもうすっかりダークヒーロとして、その立場を揺るぎないものにしている。彼を主人公にしたスピンオフ作品も生み出された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに先日参戦が確定したファイアーエムブレムシリーズのクロムは、基本的な技や挙動がロイに酷似しているものの、上Bと思われる技はまんまテ ン ク ー コ ン グさんの天空であった。ダッシュファイターにもある程度融通は効かせられるらしい。

 

 

 

 

 

つまりシャドウも、全くソニックと同じ技を使わないまでも、基本的に似た挙動をさせておけば十分にダッシュとして参戦できる資格はある、という見解である。

 

 

 

 

 

 

しかし軽くソニックシリーズをプレイしたことのある私としては、シャドウにはあまりダッシュファイターとして参戦してほしくはない。なるべく一から作り直していただきたいのだ。

 

 

 

 

いや、別にダッシュでもいいから一ヶ所だけマジで変えていただきたい箇所がある。横スマッシュ攻撃である。私はシャドウがぐるぐるパンチをするところなど見とうないのだ。シャドウには真顔かつウキウキで腕をぐるぐるなんてしてほしくない。なんかGBAソニックバトルあたりから適当にかっこよさげな技を引っ張ってきて欲しい。

 

 

 

 

 

 

横スマだけ変えてくれとは言ったが、実際他にも変えて欲しいところだらけである。まず走行するときも、シャドウはホバーシューズなるものを履いているために、スケートのような挙動で進む。走ってはいない。

 

 

 

立ち姿とか走る挙動が違う問題に関しては、ダイレクトで参戦が発表されたのがダークサムスが良い例である。彼女(?)の立ち姿はめっちゃフワフワしてるし、走行モーションとか技を繰り出すときの片腕とかもなんかフワフワしている。この辺を変えることは不可能ではなさそうだ。てかそもそもメトロイドの原作やってる人からするとダサムがサムスと同じ技使うのって違和感あるみたいね、何となくわかる気がする。

 

 

 

 

上Bもなんかソニックみたいなスプリングの復帰じゃなくてミュウツーみたいにテレポート系にしてほしいな。ソニックバトルでなんかそんな感じの必殺技あったじゃん。急に出てきてダンダンダンダンみたいなやつ。

 

 

 

 

 

 

このへんをいじった時にゲームバランスに影響がないようなら別キャラ、影響が発生するためにソニックと同じような仕様のままで貫かれるなら、ダッシュファイターという扱いになるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

現時点ではまだ、任天堂が公開しているムービーにシャドウの姿は確認できない。スマブラX,forの二作にアシストとして参戦しておきながらである。これは単純にリストラされたということなのか。それともプレイアブルとして参戦するという布石なのだろうか。期待しすぎるとアレだからほどほどに期待しておこう。その上でしっかりと作り込まれていたら最高だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとなんだろう、音楽の話ですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よう900曲も詰め込んだな~マジで日本を代表するゲームの曲が900曲入ったサントラが7200円で買えるようなもんだよね、しかも今なら無料でスマブラができますみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しくアレンジが加えられてるBGMもいいぞ、特にブリンスタ深部とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきTwitter見たら公式が対戦動画あげてましたね。4人対戦はごちゃごちゃしててあんまちゃんと見てないから後で見よう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現時点で不満をあげるとすればメインのナレーションと勝利ファンファーレがforの使い回しなことですかね。リザルト画面そのものの演出はめちゃくちゃかっこよすぎるので尚更惜しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DXからXに移ったときのワクワク感って凄かったん。多分それは当時小学生だから純粋だったってのが一番だと思うんだけど、メニューの決定SEとか勝利ファンファーレとかが全部新しくなってたってのもかなり大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対してX→forってなんというか、そのあたりの細かい点がほとんど変わってなかったので(変わってたのクッパの勝利ファンファーレぐらいか)悪い意味で続編っぽかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからなあ時期的な問題でまだ新作のナレーション収録してないだけとかだったらいいな~ファンファーレもほんとは少し新しくなったものとか聴いてみたい。それだけでかなり新鮮な気持ちでプレイできる気がするなあ。まあそれだけでとか言っちゃったけどこのへんも大変な工数なんでしょうね。あっちなみに私はMOTHERの原作をやったことがなく、思い入れが無いので、ネス(とリュカ)の勝利ファンファーレはDXよりX以降の方が好みだったりするのである。かっこいいじゃんあれ。何か色んな人からセンス無いとか言われそうでこわい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルスの声も再録したし、そのへんリニューアルされる可能性もワンチャンなくはないはず。頑張れ桜井。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜井政博さんに言わなければいけないことというよりもただ感想言ってるだけなんだよなこの記事。そんなもんか。

スリムクラブの言葉を借りるなら

軽い打ち上げがしたい。

 

 

 

先日、免許更新というものに初めて行ってきた。

 

 

 

二時間ぐらい拘束されていたのだが、私は寝ずにちゃんと話を聞くふりをして1時間50分ぐらいは新作スマブラにおけるベヨネッタの弱体化について思いを馳せていた。横Bがガードされたらその後の派生技が出せなくなるのホントに良調整だと思う。ノーリスクハイリターンだったもんあの技。

 

 

残りの10分ではこんなことを考えていた。

 

 

免許更新は、誕生日の前後一か月以内に行うことができるので、今日来ている人は今日から前後一か月以内が誕生日である。つまり全員が夏生まれだ。

 

 

確かTwitterだったと思うが、「夏生まれの人は夏生まれであることに誇りを持っている」みたいな偏見にまみれた投稿を少し前に見かけた。

 

 

私にとってはあまりに図星で衝撃的だった。散々寒いのが嫌いだと言っている通り冬は苦手だが、夏のわけわからん暑さはそこまで嫌いではない。むしろ好きかもしれない。Mではない。暑さそのものが好きなのか、暑いなか冷房の効いた部屋で涼むのが好きかはわからないが、いずれにせよ夏は好きだ。熱中症だけはクソだけど。夏生まれでよかったと思っている。

 

 

私は前述の偏見にまみれた投稿の内容を盲信している。夏生まれはみんな夏が好きで夏に生まれたことを誇りに思っているのだと。

 

 

だから今日、免許更新に来ている人たちと、夏生まれであることを誇りに思っている気持ちを共有したい。私は心のなかで、同じ教室で講習を受ける20名前後の人達にこう問い掛けた。

 

 

―皆さん、このあとお時間はありますか?この地獄みたいな講習が終わったら、夏が大好きな皆さんで是非とも軽い打ち上げをしようではありませんか―

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









 

 

 

講習が終わり、解放された反動で一瞬で外に出た私は、40℃を越える駐車場の暑さに怒り狂い、夏生まれであることに憎悪の念を抱き、この事実を抹殺するかの如くガンガンにエアコンを効かせた車でブブイと帰ったのだった。

パッパラパッ↑パッパッパラパッ↓パッパッパラパッパッ↑↑パーーーーパ

タイトルはundertaleの「Hopes and Dreams」のアレです。このゲーム最近やっと興味が沸いてきました、そのうちやってみたいですね。何よりBGMがホントにかっこいい。スマブラに収録してくんねえかなあ桜井さんよお。



最近もまだ自由にはなれずにいる。とりあえず生きてるけど死んでないみたいな。



サカナクションのMUSICみたいに言えば「シーンデハナイwwwwwwwwwwwwwwシーンデハナイwwwwwwwwwwwwww」と言ったところだろうか。歌詞ツイートがしたい。

桜井政博さんに言わなければいけないこととか①



























ナックルズ出せよ!!!!!!!!!!!!!









いや、嘘です。桜井政博さん本当にすみませんでしたそして本当にありがとうございます。

































E3でスマブラ新作の情報が解禁されてからしばらく経った。























前作、スマブラforのモデルを流用して追加キャラ、追加ステージを入れた移植版が発売されるかと思いきや、まさかの完全新作。























キャラクターは歴代登場したファイターが全員揃うと。























版権の問題とかよく知らないけど桜井さんよく頑張りましたね。E3見ましたけど痩せすぎじゃないですか?過労死だけはしないでください。




















思えば前作のスマブラforの時が、桜井アンチが最も元気だったと言えるのではないか。





















確かに、参戦・非参戦キャラ等の非常に繊細な問題や、キャラの設定に関して、主に天界漫才を筆頭に公式がネタにする姿勢というのは、あまり気持ちよくは映らなかったものである。そこに関しては異議を唱える声が大きいのも納得できる。
















ただ、スマブラforを必要以上に叩き、歴代最低の評価を付けようとする層がいるのも事実だと思う。




















ゲームカタログで黒歴史判定喰らってたけどさすがにそこまではいかなくていいんじゃないか。















戦闘システムに関しては、まず不評だった転倒や投げ連の廃止、復帰力の格差を減らすための滑空の廃止、崖回りのシステム一新など、少しでも改善しようという動きは見られた。いやそもそも転倒や投げ連を産み出すんじゃねえよという気はしなくもないけど。





Xで無法地帯と化していたネット対戦は、エンジョイ部屋とガチ部屋を設け、棲み分けを図るなどの措置がとられた。指をくわえて眺めているしかなかった迷惑プレーヤーへ対する手段として、通報とブロックという機能もつけられた。(ただし、名前欄煽り等含めたオンライン関係の仕様はあまりにもガバが過ぎる。forでも結局馴れ合いやリンチなどは無くならなかった。新作ではこの辺徹底して改善してほしい。一番改善されるべきなのはユーザーの民度なのだが。)







キャラの強さのバランスに関しても、約60キャラもいる中では、相当頑張って調整している方ではないか。発売から現在まで度重なるアプデによって、それなりに全キャラが同じ土俵で戦えるレベルにはなっただろう。世界大会でデデデがクラウドに勝てるレベルなんだから。














要するに桜井氏は頑張った。このゲームに改善要素はいっぱいある。純粋に不満もある。でも頑張ったって!そんなに酷い評価しなくたっていいじゃん!というのが私の思い。

















本来、このゲームのジャンルはアクションであって、格ゲーではない。ただ、皮肉なことに対戦が非常にわかりやすくも奥が深いものであったため、クリエイターの思惑とは裏腹に、格ゲーとしての要素を見出だされ、そちらの部分も強くフィーチャーされてしまった。







事実、2001年の発売から、未だに格ゲー層、スマブラガチ勢から熱い支持を得ているスマブラDXは、桜井氏が本来作りたかったものではないとして、本人のなかでは「反省」として挙げられている。













格ゲーへのアンチテーゼとして作られたスマブラが、クリエイターの手に負いきれないほどに大きくなってしまった結果、スマブラforでは「アイテム無し・終点固定の1on1の場(ガチ部屋)」を「公式が」提供したことは前述の通りである。これ、結構大きな出来事だと思う。











そんなわけで、桜井氏もそれなりにユーザーの声には耳を傾け、喜んでもらえるものを作ろうと頑張っていたはずである。どうか新作も身体を壊さないように頑張って。てか新作の開発マジでありがとう!言いたいのはそれだけだ。なんだこれいつにも増して滅茶苦茶なまとめ方だな。














最後に、なんかやたら桜井氏を持ち上げるような記事を書いてしまった気がする。私だって不満はめちゃくちゃあるぞ。信者なんかではない。



でも粗捜しばっかしてもなんかね。せっかくスマブラという偉大なコンテンツを作り上げた人であって、このゲーム、この人のおかげで幼少期から楽しい思い出をいっぱい作ることができたんだから、そこは「頑張れ~!!」って応援したいよね。