ダムダムダムダムダムダム(ドリブル)

もうだいぶ前の話ではあるが

 

 


f:id:discographyer:20181210235251j:image

 

「ヴァンパイア店長をさがせ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非とも探させていただきたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イオンの広大なフィールドに彼は隠れているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

この店はイオンモールみたいなイオンじゃないけどイオン感を残しつつイオンっぽくちょっとイオンのようなイオンのような形をしたイオンだったと記憶している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれぐらいの気合いを入れて彼は隠れているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば従業員のみ立ち入り可のスペースに隠れられてしまっては、ちびっこは永久に見付けられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしくはガチで商品が陳列されている、パンピーが普通に通りかかるところに器用に隠れているのだろうか。すぐに見つかってしまいそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長が男性であれば男子トイレにだって隠れられる。しかしそうなると小さな女の子は彼を見つけることがほぼ不可能だし、男の子だってトイレのなかでヴァンパイア店長と遭遇したくはないだろう。仮に用を足しているところに出会ってしまったらトラウマものである。

 

 

 

 

 

 

どこで隠れようとも、ある程度のデメリットは避けられない。ヴァンパイア店長の力量が試される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が最も危惧している問題は、彼があまりにも本気で隠れてしまったが故に、業務に支障をきたさないかというものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりヴァンパイア店長も「店の長」であるから、店に何か問題があったときに店長はすぐに対応できる状態でなければならない。

 

 

 

 

 

一番ヤバイのはクレーマーが来たときである。「店長を呼べ!」とクレーマーに言われても、店長はどこを探してもいないのだ。気合いを入れすぎたあまりに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従業員を総動員(ここの押韻世界レベル)しても、本気を出したヴァンパイア店長は誰も見付けられないだろう。そうすると店内放送などで呼び出すしかないのだろうか。「ヴァンパイア店長wwwwww至急出てきてくださいwwwwwwwwwww」といった具合に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレーマーへの対応は一刻を争うものであるから、呼び出されたヴァンパイア店長はすぐにでも駆けつける必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、いちいちヴァンパイア状態を解除している時間など無い。アイドルの早着替えのような形状のコスプレでもなければ、素の状態に戻るのにはある程度の時間が掛かるといえよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなるとやはり、ヴァンパイア状態で「お待たせいたしましたあwwww」とクレーマーの元へ参上するほかない。クレーマーがどれだけ怒っていようと、ヴァンパイア店長は神妙な面持ちで対応しなければならないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを見守っている従業員や野次馬の客も、その絵面のシュールさに耐えかねて吹き出してしまってはならない。ヴァンパイア店長がクレームに対応し、ヴァンパイア店長「大変申し訳ございませんでしたあwwwww」と頭を下げ続ける様を、同じく神妙な面持ちでただじっと見ているべきである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで「Trick or Treat」というお馴染みの文言は、仮装している子どもが大人に向かって、「とりあえず菓子をよこせ さもなくば殺す(意訳)」と言った意味で発せられるものである。

 

 

 

 

 

 

 

少し解釈の範囲を広げて、仮装している人が誰でも言えると仮定した場合、ヴァンパイア店長はヴァンパイアの仮装をしているわけだから、クレーマーが仮装していないただのパンピーであった場合なら、ヴァンパイア店長がクレーマーに向かって「Trick or Treat」と言う権利も発生するだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァンパイア店長は、クレーム対応してる最中に「うーん、トリックオアトリート!w」とでも発してみては如何だろうか。クレーム対応中にも関わらず、お菓子を求めるメンタルの強さに、クレーマーも脱帽し、諦めて帰ってくれるかもしれない。それどころか本当に殺されると察知し、お菓子をくれるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなれば店にとっても、クレーム対応という余計なリソースを注がずに済むのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の悩めるイオンの店長たち、来年のハロウィンで是非ともヴァンパイアのコスプレを検討してみてはいかがだろうか。

カモネギなのか?


f:id:discographyer:20181124000440j:image

 

 

 

 

 

 

 

お前は本当にカモネギでいいのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カモだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネギじゃないだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鴨が葱を背負ってくる」を具現化したものだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり葱を持っている鴨のことだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネギカモだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

それとも俺達が本体だと思っていた鴨に当たる部分はおまけで

 

 

 

 

 

 

ネギの方が意思を持った本体だったのか?

 

 

 

 

 

 

ポケモンカードでのカモネギは「ネギでたたく」という技を覚える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮にネギが本体だった場合、意思を持っているのはネギであるから

 

 

 

 

 

 

 

「ネギがたたく」という技名でないとおかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

カモの方には、自分が本体であるというプライドをしっかりと持ってほしい。

 

 

 

ちなみにカモネギの英名は「Farfetch'd」と言い、こじつけという意味らしい。カモネギからこじつけに転じる意味がわからない。

 

 

 

ゲーフリはレッツゴーピカブイのアップデートをしてカモネギの名前をネギカモに変更しろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしくは「ポケットモンスター 鴨/葱」を本編の最新作として発売し、「鴨」の方が売れた場合はカモネギの名前をネギカモに変更しろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「葱」の方が売れたらそのままでいいか

そうだよな

とあるバンド(KEYTALK)の「MATSURI BAYASHI」とかいう曲の、YouTubeのコメント欄に

 

 

 

 

「義勝めっちゃスラップかっこいい!なんで普段あんまりやらないんだろう?」という意味の、KEYTALKのファンである10代から20代の女子っぽい言葉で書かれたコメントがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、そのコメントに対して誰かが送った、「こうなるからだよ」という返事が一番好きなのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にどういった項目のなかで一番好きとかそういう話ではない。そのコメントが、一番好きなのであった。

 

 

 


f:id:discographyer:20181101035419j:image

 

 

 

 

こうなるんだねえ

脳内エンドレス再生

タラッタラ↑wwwwwwwwwwwwwwタラッタラ↓wwwwwwwwwwwwwwナッカオシッノッイーーーチwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

↑これね

 

 

 

 

 

 

 

新潟にヤオコーが無いと知ったときの衝撃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルにある、脳内でずっと同じ曲が流れ続ける現象、イヤーワームというらしいです。無知な自分は知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きの帝のクロノスタシスっぽく解説すれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤーワームって知ってる?」

 

 

 

「知らない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中押しの市のことだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも中押しの市って何

 

桜井政博さんに言わなければいけないこととか②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく生きてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/8にスマブラダイレクトがありましたね。ダッシュ含めて新しいキャラクターの参戦が発表されたのが一番の目玉だったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直それぞれのキャラの原作をプレイしたことがなく、特に深い思い入れがないのでそれは割愛。でも長らく参戦希望が多かったキャラだからね、ファンの人は良かったですね。

 

 

 

 

 

悪魔城ドラキュラってコナミ発売にも関わらずダッシュ含めて平気で二体出せたのはすごいね。「新キャラはあまり期待しないでください。ま、嘘なんですけどね」と言わんばかりの桜井さんのサービス精神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜井さんは「あと少しだけ新ファイターいるよ」みたいなこと言ってた。私はやはりソニックシリーズに期待してしまうのだ。セガから出てるキャラって今ソニックだけじゃん、現実的にはあと一人出せそうですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が世界で一番参戦を望んでいたニラ饅頭もといナッコことナックルズは早々にアシストとしての参戦が発表されたので、残念ながらプレイアブルキャラにはならない。

 

 

 

 

 

ソニックシリーズから、今一番参戦を熱く望まれているのが、シャドウ・ザ・ヘッジホッグである。

 

 

 

 

 

 

なんか形もソニックっぽいし、ソニックヒーローズではほぼ同じような技使ってたしなんかコンパチとしての素質がすごい。つまりダッシュファイターになる可能性が高い。

 

 

 

 

そもそもシャドウの人気がすごい。ソニックアドベンチャー2が最初で最後の出演の予定だったはずが、あまりにシャドウの人気がありすぎたために、次のソニックヒーローズにも出演。というか今はもうすっかりダークヒーロとして、その立場を揺るぎないものにしている。彼を主人公にしたスピンオフ作品も生み出された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに先日参戦が確定したファイアーエムブレムシリーズのクロムは、基本的な技や挙動がロイに酷似しているものの、上Bと思われる技はまんまテ ン ク ー コ ン グさんの天空であった。ダッシュファイターにもある程度融通は効かせられるらしい。

 

 

 

 

 

つまりシャドウも、全くソニックと同じ技を使わないまでも、基本的に似た挙動をさせておけば十分にダッシュとして参戦できる資格はある、という見解である。

 

 

 

 

 

 

しかし軽くソニックシリーズをプレイしたことのある私としては、シャドウにはあまりダッシュファイターとして参戦してほしくはない。なるべく一から作り直していただきたいのだ。

 

 

 

 

いや、別にダッシュでもいいから一ヶ所だけマジで変えていただきたい箇所がある。横スマッシュ攻撃である。私はシャドウがぐるぐるパンチをするところなど見とうないのだ。シャドウには真顔かつウキウキで腕をぐるぐるなんてしてほしくない。なんかGBAソニックバトルあたりから適当にかっこよさげな技を引っ張ってきて欲しい。

 

 

 

 

 

 

横スマだけ変えてくれとは言ったが、実際他にも変えて欲しいところだらけである。まず走行するときも、シャドウはホバーシューズなるものを履いているために、スケートのような挙動で進む。走ってはいない。

 

 

 

立ち姿とか走る挙動が違う問題に関しては、ダイレクトで参戦が発表されたのがダークサムスが良い例である。彼女(?)の立ち姿はめっちゃフワフワしてるし、走行モーションとか技を繰り出すときの片腕とかもなんかフワフワしている。この辺を変えることは不可能ではなさそうだ。てかそもそもメトロイドの原作やってる人からするとダサムがサムスと同じ技使うのって違和感あるみたいね、何となくわかる気がする。

 

 

 

 

上Bもなんかソニックみたいなスプリングの復帰じゃなくてミュウツーみたいにテレポート系にしてほしいな。ソニックバトルでなんかそんな感じの必殺技あったじゃん。急に出てきてダンダンダンダンみたいなやつ。

 

 

 

 

 

 

このへんをいじった時にゲームバランスに影響がないようなら別キャラ、影響が発生するためにソニックと同じような仕様のままで貫かれるなら、ダッシュファイターという扱いになるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

現時点ではまだ、任天堂が公開しているムービーにシャドウの姿は確認できない。スマブラX,forの二作にアシストとして参戦しておきながらである。これは単純にリストラされたということなのか。それともプレイアブルとして参戦するという布石なのだろうか。期待しすぎるとアレだからほどほどに期待しておこう。その上でしっかりと作り込まれていたら最高だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとなんだろう、音楽の話ですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よう900曲も詰め込んだな~マジで日本を代表するゲームの曲が900曲入ったサントラが7200円で買えるようなもんだよね、しかも今なら無料でスマブラができますみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しくアレンジが加えられてるBGMもいいぞ、特にブリンスタ深部とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきTwitter見たら公式が対戦動画あげてましたね。4人対戦はごちゃごちゃしててあんまちゃんと見てないから後で見よう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現時点で不満をあげるとすればメインのナレーションと勝利ファンファーレがforの使い回しなことですかね。リザルト画面そのものの演出はめちゃくちゃかっこよすぎるので尚更惜しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DXからXに移ったときのワクワク感って凄かったん。多分それは当時小学生だから純粋だったってのが一番だと思うんだけど、メニューの決定SEとか勝利ファンファーレとかが全部新しくなってたってのもかなり大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対してX→forってなんというか、そのあたりの細かい点がほとんど変わってなかったので(変わってたのクッパの勝利ファンファーレぐらいか)悪い意味で続編っぽかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからなあ時期的な問題でまだ新作のナレーション収録してないだけとかだったらいいな~ファンファーレもほんとは少し新しくなったものとか聴いてみたい。それだけでかなり新鮮な気持ちでプレイできる気がするなあ。まあそれだけでとか言っちゃったけどこのへんも大変な工数なんでしょうね。あっちなみに私はMOTHERの原作をやったことがなく、思い入れが無いので、ネス(とリュカ)の勝利ファンファーレはDXよりX以降の方が好みだったりするのである。かっこいいじゃんあれ。何か色んな人からセンス無いとか言われそうでこわい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルスの声も再録したし、そのへんリニューアルされる可能性もワンチャンなくはないはず。頑張れ桜井。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜井政博さんに言わなければいけないことというよりもただ感想言ってるだけなんだよなこの記事。そんなもんか。

スリムクラブの言葉を借りるなら

軽い打ち上げがしたい。

 

 

 

先日、免許更新というものに初めて行ってきた。

 

 

 

二時間ぐらい拘束されていたのだが、私は寝ずにちゃんと話を聞くふりをして1時間50分ぐらいは新作スマブラにおけるベヨネッタの弱体化について思いを馳せていた。横Bがガードされたらその後の派生技が出せなくなるのホントに良調整だと思う。ノーリスクハイリターンだったもんあの技。

 

 

残りの10分ではこんなことを考えていた。

 

 

免許更新は、誕生日の前後一か月以内に行うことができるので、今日来ている人は今日から前後一か月以内が誕生日である。つまり全員が夏生まれだ。

 

 

確かTwitterだったと思うが、「夏生まれの人は夏生まれであることに誇りを持っている」みたいな偏見にまみれた投稿を少し前に見かけた。

 

 

私にとってはあまりに図星で衝撃的だった。散々寒いのが嫌いだと言っている通り冬は苦手だが、夏のわけわからん暑さはそこまで嫌いではない。むしろ好きかもしれない。Mではない。暑さそのものが好きなのか、暑いなか冷房の効いた部屋で涼むのが好きかはわからないが、いずれにせよ夏は好きだ。熱中症だけはクソだけど。夏生まれでよかったと思っている。

 

 

私は前述の偏見にまみれた投稿の内容を盲信している。夏生まれはみんな夏が好きで夏に生まれたことを誇りに思っているのだと。

 

 

だから今日、免許更新に来ている人たちと、夏生まれであることを誇りに思っている気持ちを共有したい。私は心のなかで、同じ教室で講習を受ける20名前後の人達にこう問い掛けた。

 

 

―皆さん、このあとお時間はありますか?この地獄みたいな講習が終わったら、夏が大好きな皆さんで是非とも軽い打ち上げをしようではありませんか―

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









 

 

 

講習が終わり、解放された反動で一瞬で外に出た私は、40℃を越える駐車場の暑さに怒り狂い、夏生まれであることに憎悪の念を抱き、この事実を抹殺するかの如くガンガンにエアコンを効かせた車でブブイと帰ったのだった。

パッパラパッ↑パッパッパラパッ↓パッパッパラパッパッ↑↑パーーーーパ

タイトルはundertaleの「Hopes and Dreams」のアレです。このゲーム最近やっと興味が沸いてきました、そのうちやってみたいですね。何よりBGMがホントにかっこいい。スマブラに収録してくんねえかなあ桜井さんよお。



最近もまだ自由にはなれずにいる。とりあえず生きてるけど死んでないみたいな。



サカナクションのMUSICみたいに言えば「シーンデハナイwwwwwwwwwwwwwwシーンデハナイwwwwwwwwwwwwww」と言ったところだろうか。歌詞ツイートがしたい。